Top / 論文

2017年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

  • Kazuma Matsumoto, and Yasuo Okabe, A Collusion-resilient Hybrid P2P Framework for Massively Multiplayer Online Games, The 5th IEEE International COMPSAC Workshop on Consumer Devices and Systems (CDS), in Proc. IEEE 41th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2017), Vol. 2, pp.342-347, July 2017.
  • Tomohiro Ito, Daisuke Kotani, and Yasuo Okabe, A Threshold-based Authentication System Which Provides Attributes Using Secret Sharing, The 3rd IEEE International COMPSAC Workshop on Secure Identity Management in the Cloud Environment (SIMICE), in Proc. IEEE 41th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2017), Vol. 2, pp.730-735, July 2017.
  • Hiroki Nakano, Yasuo Okabe, Toward Implementing Power Packet Networks, Proc. 2017 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), pp.201-202, June 2017.

口頭発表など

  • 山崎 啓太郎, 小谷 大祐, 岡部 寿男, Xilara: XSS audItor using htmL templAte restoRAtion, 信学技報, vol. 117, no. 299, IA2017-49, pp. 89-94, 2017年11月.
  • 岡本和也,宮崎修一,希望リストを複数持つ安定マッチング問題, 情処研報,Vol.2017-AL-165, No.15 (情報処理学会アルゴリズム研究会), pp.1-8, 2017年11月.
  • 小岩 克輝, 小谷 大祐, 岡部 寿男, HTTP/2に対する未知の攻撃手法を知るための低対話型ハニーポットの構築, 信学技報, vol.117, no.294, IA2017-26, pp.19-23, 2017年11月.
  • 秋吉 亮, 小谷 大祐, 岡部 寿男, 低対話型ハニーポットとダークネットの関連付けによる新たなスキャン活動の検知手法の検討, 信学技報, vol.117, no.294, IA2017-25, pp.13-18, 2017年11月.
  • 宗光 翼, 小谷 大祐, 岡部 寿男, トンネリングによるトラフィックエンジニアリングの混合整数計画法としての定式化, 信学技報, vol.117, no.294, IA2017-27, pp.25-30, 2017年11月.
  • 小谷 大祐, CDN 事業者の Egress トラフィックエンジニアリング – SIGCOMM2017発表から –, 第 42 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet42), 2017年11月.
  • 小谷 大祐, 岩成 達哉, 黒崎 優太, 高橋 真奈茄, 情報科学若手の会の50年, 第50回情報科学若手の会, 2017年10月.
  • 岡部寿男, オンデマンド電力ネットワークと電力のパケット化, 第87回京都大学丸の内セミナー, 2017年10月.
  • 岡部寿男,科研費の舞台裏, 電子情報通信学会2017年ソサイエティ大会, BK-1, 2017年9月.
  • 中野博樹, 岡部寿男, 電力パケット配送プロトコルの設計と実装, JSTフェア2017, J18-16, 2017年9月.
  • 中野博樹, 岡部寿男, 電力パケットルータの設計と実装, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, DS-12, pp. 1875 - 1880, 2017年6月.
  • 松本和馬, 岡部寿男, ユーザの結託による不正に強いハイブリッドP2P型MMOゲームフレームワーク, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, 2D-2, pp. 340 - 346, 2017年6月.
  • 小谷大祐, 岡部寿男, 寺田努, 塚本昌彦, 星野寛, ロボットを活用した高齢者支援サービス用ネットワークプラットフォーム技術の研究開発, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム, pp. 392 - 395, 2017年6月.

学会誌・商業誌等解説

その他


2016年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

  • Yoshiharu Tsuzaki, Yasuo Okabe, Reactive Configuration Updating for Intent-Based Networking, The 31st International Conference on Information Networking (ICOIN2017), Jan. 2017.
  • Yoshiyuki Mihara, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, Tetsuya Yamaguchi, Okamoto Manabu, Identifying Link Layer Home Network Topologies Using HTIP, 14th Annual IEEE Consumer Communications & Networking Conference, pp. 892-899, Jan. 2017.
  • Sushmita Gupta, Kazuo Iwama, and Shuichi Miyazaki, Total Stability in Stable Matching Games, Proc. the 15th Scandinavian Symposium and Workshops on Algorithm Theory, (SWAT 2016), pp. 23:1-23:12, June 2016. (Reykjavik, Iceland)
  • Sato Hiroyuki, Okabe Yasuo, Nakamura Motonori, User Identification of Pseudonyms without Identity Information Exposure in Access Federations, Proc. IEEE 40th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2016), Vol. 1, pp.487-492, June 2016.
  • Yasuo Okabe, Takaaki Komura, Hiroyuki Sato, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, An Authentication Federation Proxy Which Conceals Attributes and Authorization Policies Each Other, Second IEEE International Workshop on Middleware for Cyber Security, Cloud Computing and Internetworking (MidCCI2016), in Proc. IEEE 40th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2016), Vol. 2, pp.202-207, June 2016.
  • Teruhisa Tajima, Yasuo Okabe, Optimizing Packet Transmission Scheduling for Enhanced Web QoE in Wireless LAN, The 4th IEEE International Workshop on Consumer Devices and Systems (CDS), in Proc. IEEE 40th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2016), Vol. 2, pp.312-318, June 2016.

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

その他

  • 宮崎修一, コンピュータサイエンスの数学 〜アルゴリズム理論、安定結婚問題、P≠NP予想〜, 京都大学サマースクール2016, 2016年8月19日

2015年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

その他

2014年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

口頭発表など

  • Andrew Lee, 宮崎修一, 岡部寿男, 複数VLAN埋め込みのための最小直径複数スタイナー木問題, 情報処理学会第77回全国大会, 4W-09, 2015年3月.
  • 辻尾尚樹, 岡部寿男, 発信者追跡可能かつ仮名型のP2P情報発信システム, 情報処理学会第77回全国大会, 4X-02, 2015年3月.
  • 田島照久, 岡部寿男, Webブラウジング高速化のためのTCPヘッダに基づく802.11無線通信最適化, 情報処理学会第77回全国大会, 3X-06, 2015年3月, 学生奨励賞受賞.
  • Andrew Lee, 宮崎修一, 岡部寿男, 複数VLAN埋め込みのための貪欲アルゴリズムの評価, 信学技報, vol. 114, no. 495, IA2014-105, pp. 143-147, 2015年3月.
  • 坂井一美, 岡部寿男, 中野博樹, 電力パケット配送シミュレータ, 京都大学第9回ICTイノベーション, 2015年3月.
  • 清水 さや子, 戸田 勝善, 岡部 寿男, グループ管理システムにおけるグループ管理者の効率的管理, 情報処理学会研究報告, 2015-IOT-28, 35, pp.1-6, 2015年2月.
  • 岡部寿男, Energy on Demand電力制御のための電力需要予測とプライバシー, 東北大学電気通信研究所平成26年度共同プロジェクト研究「情報の流れに着目した新世代情報処理基盤技術に関する研究」発表会, 2014年12月.
  • 津崎善晴, 岡部寿男, 新麗, 林達也, 岡田耕司, 鈴木茂哉, 中村修, LACCOONS:ネットワーク仕様定義による広域分散ネットワークの自動運用管理システム, 第36回インターネット技術第163委員会(ITRC)研究会CIS分科会,2014年11月.
  • 坂井一美, 岡部寿男, 電力パケット配送プロトコルの検討, 第36回インターネット技術第163委員会(ITRC)研究会デモ紹介セッション,2014年11月.
  • 辻尾尚樹,岡部寿男, 自治が可能なP2P型匿名Publish/Subscribeシステム, 信学技報, Vol. 114, No. 335, IA2014-63, pp.13-27, 2014年11月.
  • 田島照久,岡部寿男, 802.11無線LANにおけるバックオフ時間の制御とアクセスポイントのバッファ最適化による低遅延無線の提案, 信学技報, Vol. 114, No. 335, IA2014-65, pp.25-27, 2014年11月.
  • 松本亮介, mod_mruby: スクリプト言語で高速かつ省メモリに拡張可能なWeb サーバの機能拡張支援機構, Embedded Technology 2014スペシャルセッションC-2, 2014年11月.
  • 清水 さや子, 戸田 勝善, 岡部 寿男: 管理権限を一般ユーザにも移譲できるグループ管理システム, 情報処理学会研究報告, 2014-IOT-27, 18, pp.1-6, 2014年10月.
  • 畠山貴行, 宮崎修一, マジックプロトコルを用いたP2P環境での公正なネットワークブラックジャック, 平成26年度情報処理学会関西支部支部大会 D-01, 2014年9月.
  • 山崎朋哉, 宮崎修一, 公開鍵暗号を用いたP2P型ネットワーク麻雀将棋, 平成26年度情報処理学会関西支部支部大会 D-02, 2014年9月.
  • 田島照久, 岡部寿男, 802.11無線LANにおける複数端末の送信タイミング制御シミュレーション, 平成26年度情報処理学会関西支部支部大会 E-12, 2014年9月.
  • 重野・岡部・河口・塚本・徳田, 情報流 × IoT(パネル討論), FIT2014 情報の流れに着目した実時間分散処理基盤 - IoTとクラウドソーシングの観点から -, 2014年9月.
  • 片山健太郎, 菊池正史, 山田聖, 大塚隼人, 岡田耕司, 岡部寿男, 津善晴, 新麗, 林達也, ネットワーク仕様定義による広域分散ネットワークの自動運用管理システムの開発, 第6回新世代ネットワークシンポジウム, 2014年7月
  • 清水 さや子, 戸田 勝善, 岡部 寿男, 統合IDと属性を用いたグループの体系化, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム 3G-4, 2014年7月.
  • 松本亮介, 今どきのWEBホスティングの高負荷対策, Hosting Casual Talks #1 at 株式会社はてな, 2014年6月.
  • 津善晴, 同一の送受信アドレスを持つ大量メールの 効率的判定手法, Hosting Casual Talks #1 at 株式会社はてな, 2014年6月.
  • 小林浩二,川原純,宮崎修一,オンラインフレーム転送量最大化問題における競合比の改良, 信学技報,Vol.114, No.19, COMP2014-6 (電子情報通信学会コンピュテーション研究会), pp.37-44, 2014年4月.
  • 宮崎修一,近似アルゴリズムと安定マッチング,京都大学経済研究所 ミクロ・ゲーム理論研究会,2014年4月3日.

学会誌・商業誌等解説

国際標準化提案

2013年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

  • Jun Kawahara, Koji M. Kobayashi, Shuichi Miyazaki, Better Bounds for Online k-Frame Throughput Maximization in Network Switches, Proc. 24th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2013) (Lecture Notes in Computer Science 8283), pp. 218-228, Dec., 2013.
  • Yoshiharu Tsuzaki, Ryosuke Matsumoto, Daisuke Kotani, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, A Mail Transfer System Selectively Restricting a Huge Amoount of E-mails, Workshop on Resilient Internet based Systems (REIS 2013), pp. 896-900, Dec. 2013.
  • Hiroki Okamoto, Ryosuke Matsumoto, Yasuo Okabe, Design of Cooperative Load Distribution for Addressing Flash Crowds Using P2P File Sharing Network, IEEE 37th Annual International Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2013), July 2013.
  • Motonori Nakamura, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Hiroyuki Sato, Yasuo Okabe, Privacy Preserved Attribute Aggregation to Avoid Correlation of User Activities Across Shibboleth SPs, The 7th International Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MirArch2013) (Proc. IEEE COMPSAC2013 Workshops), July 2013.
  • Hiroyuki Sato, Yasuo Okabe, Motonori Nakamura, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Privacy Enhancing Proxies in Attribute Release:Two Approaches, The 7th International Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MirArch2013) (Proc. IEEE COMPSAC2013 Workshops), July 2013.
  • Masaya Yokohata, Tomotaka Maeda, Yasuo Okabe, Power Allocation Algorithms of PoE for on-Demand Power Supply The 1st IEEE International Workshop on Consumer Devices and Systems (CDS2013), (Proc. IEEE COMPSAC2013 Workshops), July 2013.
  • Yasuhiro Teramoto, Rei Atarashi, Yoshifumi Atarashi, Yasuo Okabe, Managing Networks Independently of the Physical Topology by Service Defined Network, The 1st IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET2013), (Proc. IEEE COMPSAC2013 Workshops), July 2013.

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

2012年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

  • Masaya Yokohata, Tomotaka Maeda, Yasuo Okabe, An Extension of the Link Layer Discovery Protocol for On-Demand Power Supply Network by PoE, First International WorkShop on Energy-Aware Systems, Communications and Security (EASyCoSe 2013) (In conjunction with IEEE AINA-2013), pp.1612-1616, March 2013.
  • Toyokazu Akiyama, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe, Design and Implementation of a Functional Extension Framework for Authn & Authz Federation Infrastructure Using Web Browser Add-on, 27th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2013), pp.389-396, March 2013.
  • Daisuke Kotani, Yasuo Okabe, Packet-In Message Control for Reducing CPU Load and Control Traffic in OpenFlow? Switches, European Workshop on Software Defined Networks, pp.42-47, October, 2012.
  • Wataru Oogami, Takaaki Komura, Yasuo Okabe, Secure ID Transformation for Robust Pseudonymity against Backflow of Personal Information in SAML Federation, Proc. 2012 IEEE 36th International Conference on Computer Software and Applications Workshops (6th IEEE International Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArch? 2012)), pp.64-69, July 2012.
  • Takuya Miyamoto, Youichi Koyama, Kazumi Sakai, Yasuo Okabe, A GMPLS-based Power Resource Reservation System toward Energy-on-Demand Home Networking, The 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2012), pp.138-147, July 2012.
  • Akihiro Takahashi, Tomotaka Maeda, Yasuo Okabe, Design and Implementation of a Secure Public Wireless Internet Service Model Using Host Identity Protocol, The 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2012), pp.19-28, July 2012.
  • Ryosuke Matsumoto, Yasuo Okabe, Access Control Architecture Separating Privilege by a Thread on a Web Server, The 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2012), pp.178-183, July 2012.
  • Daisuke Kotani, Kazuya Suzuki, Hideyuki Shimonishi, A design and implementation of OpenFlow? Controller handling IP multicast with Fast Tree Switching, The 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet(SAINT2012), pp.60-67, July 2012.

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

  • 松山隆司・加藤丈和・塚本昌彦・丹康雄・岡部寿男, コンシューマが切り拓くディジタル化社会の新しい潮流:2. グリーンICTによるスマートな社会の創出 情報処理, 53(10), pp.1021-1027, 2012年9月

国際標準化提案

2011年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

  • 茨木俊秀・片山徹・藤重悟 監修, 太田快人・酒井英昭・高橋豊・田中利幸・永持仁・福島雅夫 編集, 数理工学事典(宮崎: 4.3 分割統治法, 4.4 乱択アルゴリズムを担当), 朝倉書店, 2011年11月15日刊行.
  • 岡部寿男, 情報通信・エネルギー統合技術の研究開発, システム/制御/情報 Vol.55, No.6,「エネルギーシステムの新展開−ICTによる消費情報の収集と利用」特集号 pp.221-226,2011年6月

その他

2010年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

2009年度

論文誌論文

国際会議等発表(査読付)

  • Mitsuo Okada, Yasuo Okabe, Tetsutaro Uehara, A Privacy-Secure Content Trading System for Small Content Providers Using Semi-Blind Digital Watermarking, The 2009 International Workshop on Forensics for Future Generation Communication environments (F2GC), IEEE,pp.561--568, Jeju Korea,Dec 2009
  • Mitsuo Okada, Yasuo Okabe, Tetsutaro Uehara, Semi-Blind Fingerprinting Utilizing Ordinary Existing Watermarking Techniques, The 8th International Workshop on Digital Watermarking (IWDW09), LNCS 5703, pp.14--28, Guildford, UK, Aug 2009.
  • Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, Competitive Buffer Management for Multi-Queue Switches in QoS Networks using Packet Buffering Algorithms, 21st ACM Symposium on Parallelism in Algorithms and Architectures (SPAA2009), pp.328-336, Calgary, Canada August 11 - 13, 2009.
  • Keita Shimizu, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, Design and Implementation of a Certified Mail Exchange System Using Simultaneous Secret Exchange The 2009 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 37-42, Seattle, USA, 20 - 24 July 2009.
  • Keiji Maekawa, Yasuo Okabe, An Enhanced Location Privacy Framework with Mobility Using Host Identity Protocol, The 2009 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 23-29, Seattle, USA, 20 - 24 July 2009.
  • Mitsuo Okada, Yasuo Okabe, Tetsutaro Uehara, Security Analysis on Privacy-Secure Image Trading Framework Using Blind Watermarking, The Third Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArc2009) (held as a part of SAINT2009), Seattle, USA, 20 - 24 July 2009.
  • Toshiyuki Kataoka, Takeshi Nishimura, Masaki Shimaoka, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Noboru Sonehara, Yasuo Okabe, Leveraging PKI in SAML2.0 Federation for Enhanced Discovery Service, The Third Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArc2009) (held as a part of SAINT2009), Seattle, USA, 20 - 24 July 2009.

口頭発表など

  • 藤本圭・小山洋一・岡部寿男, 電力経路制御における電源側主導資源予約, 電子情報通信学会2010年総合大会 BS-8-2, 2010年3月.
  • 柴田知輝・藤本 圭・岡部寿男, オンデマンド型家庭内電力ネットワークのための電力ルーティングスイッチ. 電子情報通信学会2010年総合大会 BS-8-3, 2010年3月.
  • 森本尚之・宮崎修一・岡部寿男, 2部グラフ上での分担供給可能な割当て制限付き資源配分問題, 電子情報通信学会2010年総合大会 BS-8-11, 2010年3月.
  • 岡部寿男,情報通信・エネルギー統合技術の研究開発プロジェクトに関する全体説明, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 今ドキッのIT@御殿下記念館2010展示関連講演, 2010年3月.
  • 藤本圭,柴田知輝,岡部寿男, オンデマンド型家庭内電力ネットワークのためのQoEn(Quality of Energy)経路制御と電力ルーティングスイッチ, 情報処理学会創立50周年記念全国大会今ドキッのIT@御殿下記念館2010展示関連講演, 2010年3月.
  • 古村隆明・岡部寿男・中村素典, SAML連携を用いてロケーションプライバシを守るeduroamアカウント利用方式, 信学技報, vol. 109, no. 438, IA2009-109, pp. 153-158, 2010年3月.
  • 西村健・島岡政基・中村素典・曽根原登・岡部寿男, UPKI証明書自動発行検証プロジェクトのシステム移行における課題と対策, 信学技報, vol. 109, no. 438, IA2009-113, pp. 225-228, 2010年3月.
  • 島岡政基・西村健・中村素典・曽根原登・岡部寿男, UPKIサーバ証明書プロジェクトにおける証明書自動発行支援システムの開発 信学技報, vol. 109, no. 438, IA2009-114, pp. 229-234, 2010年3月.
  • 岡部寿男, エネルギーの情報化プロジェクト(総括), 大阪国際サイエンスクラブ 第9期金曜サイエンスサロン「グリーンIT〜IT/ICTと環境〜」, 2010年2月.
  • 岡部寿男, 低炭素社会の実現にむけたエネルギーの情報化について, スマートセンサーフォーラム 第六回商業空間ソリューション〜技術検討会〜, 2010年2月.
  • 岡部寿男, 学術認証フェデレーションについて, JGN2plus四国連絡協議会セミナーin徳島(基調講演),2010年2月.
  • 佐々木,手塚,満塩,阿藤,岡部,田中,松永,青木: ポリシー(JCANビジネスCP)(パネル), 電子認証の民間制度・基盤の確立に関するシンポジウム,2010年2月.
  • 福田剛士, 宮崎修一, 岡部寿男, 枝コストに制限を加えたk-Canadian Traveler Problemに対する競合比解析, 信学技報,Vol.109, No. 391, COMP2009-39: (電子情報通信学会コンピュテーション研究会) pp.1-8, 2010年1月. (九州大学)
  • Kenji Ohira, Source Address Dependent Site External Route Advertisement for IPv6 Multihoming Site, The 14th JSPS/NRF Core University Program Seminar on Next Generation Internet, Jan. 2010.
  • 藤本圭,岡部寿男,QoSに倣ったEoDプロトコルの設計,けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会第3回エネルギーの情報化ワーキンググループ,2010年1月
  • Mitsuo Okada, Yasuo Okabe, Tetsutaro Uehara, A Web-based Privacy-Secure Content Trading System for Small Content Providers Using Semi-Blind Digital Watermarking, Consumer Communications & Networking Conference (IEEE-CCNC2010), Jan 2010.
  • 藤本圭・岡部寿男, 家庭内電力ネットワークにおけるQoEnを考慮した電力制御の提案, 信学技報, vol. 109, no. 299, IA2009-63, pp. 31-36, 2009年11月.
  • 中田健介・高倉弘喜・岡部寿男, IDS警報の解析による第三者機関への攻撃状況の把握手法, 信学技報, vol. 109, no. 299, IA2009-62, pp. 25-30, 2009年11月.
  • 小椋正道・四方敏明・古村隆明・岡部寿男, 京都大学における無線LANサービスの展開, 学術認証フェデレーション及びSINETサービス説明会(京都会場)SINET3利用事例, 2009年11月.
  • 西村健・島岡政基・並木登美幸・樋口秀樹・中村素典・岡部寿男・曽根原登, サーバ証明書プロジェクトに見る共同利用基盤の構築と移行, 全国共同利用情報基盤センター研究開発論文集, No.31, pp.99-103, 2009年11月.
  • Yasuo Okabe, Kazumi Sakai, QoEn (Quality of Energy) Routing toward Energy on Demand Service in the Future Internet, 信学技報, vol. 109, no. 262, IA2009-47, pp. 9-12, 2009年10月.
  • Mitsuo Okada, Yasuo Okabe, Tetsutaro Uehara, Privacy-Secure Image Sharing System for a Purchaser and Recorded Subjects Using Semi-Blind Fingerprinting, International Conference on Security Camera Network, Privacy Protection and Community Safety 2009 SPC2009, Kiryu, Japan, Oct, 2009
  • 岡部寿男, エネルギーの情報化 ― 情報通信・エネルギー統合技術の研究開発, グリーンET技術者養成講座 in 熊本, 2009年10月.
  • 濱田浩気,宮崎修一,岩間一雄, 最大サイズ最大安定度マッチング問題に対する近似下限の改良, 信学技報,Vol.109, No.235, COMP2009-37, (電子情報通信学会コンピュテーション研究会), pp.35-40, Oct., 2009. (東北大学,仙台市)
  • 宮崎修一, 安定マッチング問題に関する最近の話題, 信学技報,Vol.109, No.211, AI2009-12 (電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会), pp.19-22, 2009年9月. (京都大学,京都市)
  • Yasuo Okabe, QoEn (Quality of Energy) Routing toward Energy on Demand Service in the Future Internet, 2009 Asian Network Workshop, Aug. 2009.
  • Kenji Ohira, Hiroki Takakura, Yasuo Okabe, A Honeypot against Attacks Which Target Unknown Vulnerabilities, The 13th JSPS/NRF Core University Program Seminar on Next Generation Internet, Aug. 2009.
  • 岡部寿男,引原隆士, 「情報通信・エネルギー統合技術の研究開発」について, エネルギーの情報化シンポジウム,2009年7月.
  • Tomotaka Maeda, Masahiro Kozuka, Yasuo Okabe, Reliable Streaming Transmission Using PR-SCTP, The 2009 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009) student session, Seattle, USA, 20 - 24 July 2009.
  • Chia-Lung Hsieh, Privacy Disclosure: Personal Information and Images on Social Networking Sites in Taiwan, The 2009 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009) student session, Seattle, USA, 20 - 24 July 2009.
  • 岡部寿男, 京都大学における大規模サーバ統合による環境負荷低減への取り組み, 大学NUA 平成21年度 第19回総会・第32回研究会, 2009年7月.
  • 濱田浩気,宮崎修一,岩間一雄, 配属人数下限付き研修医配属問題, 京都大学数理解析研究所講究録1649 「理論計算機科学の深化と応用」(冬のLAシンポジウム), pp. 73-80, May, 2009 (発表は2009年2月). (京都大学,京都市)
  • Shuichi Miyazaki, Naoyuki Morimoto and Yasuo Okabe, An Optimal Online Algorithm for the Graph Exploration Problem on Unweighted Graphs, Proc. 2nd Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC), p.45, Hangzhou, China, April 11-12, 2009.
  • 川古谷裕平, 秋山満昭, 青木一史, 伊藤光恭, 高倉弘喜, スパムメールに起因するWeb型受動攻撃の実態調査, 信学技報, vol. 109, no. 33, ICSS2009-5, pp. 21-26, 2009年5月.

学会誌・商業誌等解説

  • 宮崎修一, コンピュテーション研究の最前線 --- 安定マッチング問題の研究動向 ---, 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌 第14巻 第2号, pp. 6-7, August 2009.

2008年度

論文誌論文

  • Naoyuki Kamiyama, Yuuki Kiyonari, Eiji Miyano, Shuichi Miyazaki, and Katsuhisa Yamanaka, Computational Complexities of University Interview Timetabling, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E92-D, No.2, pp.130-140, Feb. 2009.
  • Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, A Tight Upper Bound on Online Buffer Management for Multi-Queue Switches with Bicodal Buffers, IEICE Transactions on Information and System, Vol.E91-D, No.12, pp.2757-2769, Dec. 2008.
  • 丸山伸, 小塚真啓, 中村素典, 岡部寿男, アドレス情報の変更通知を集約できるようにするSCTP ADD-IP機能の改良, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J91-B, No.10, pp.1231-1233(レター),2008年10月
  • Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, A Tight Bound on Online Buffer Management for Two- port Shared-Memory Switches, IEICE Transactions on Information and System, Vol.E91-D,No.8,pp.2105-2114, Aug. 2008.
  • Iwama, K., Miyazaki, S. and Yamauchi, N., A (2-c 1 / \sqrt{N})-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem, Algorithmica, Volume 51, Number 3, pp. 902-914, July 2008.
  • Jungsuk Song, Kenji Ohira, Hiroki Takakura, Yasuo Okabe and Yongjin Kwon, A Clustering Method for Improving Performance of Anomaly-based Intrusion Detection System, IEICE Transactions on Information and Systems (Special Section on Information and Communication System Security), Vol.E91-D, No.5, pp.1282-1291, May. 2008.
  • Mitsuo Okada, Hiroaki Kikuchi, and Yasuo Okabe, Multi-bit Embedding for Asymmetric Digital Watermarking without Exposing Secret, IEICE Transactions on Information and Systems (Special Section on Information and Communication System Security), Vol.E91-D, No.5, pp.1348-1358, May. 2008.

国際会議等発表(査読付)

  • Miyazaki, S. and Okamoto, K., Improving the Competitive Ratio of the Online OVSF Code Assignment Problem, Proc. 19th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2008) (Lecture Notes in Computer Science 5369), pp. 64-76, Dec., 2008. (Gold Coast, Australia)
  • Jungsuk Song, Hiroki Takakura and Yasuo Okabe, Cooperation of Intelligent Honeypots to Detect Unknown Malicious Codes, WOMBAT Workshop on Information Security Threat Data Collection and Sharing (WISTDCS 2008), Amsterdam, Netherlands, 21-22 April 2008.
  • Jungsuk Song, Hiroki Takakura and Yongjin Kwon, A Generalized Feature Extraction Scheme to Detect 0-Day Attacks via IDS Alerts, The 2008 International Symposium on Applications and the Internet(SAINT2008), Turku, FINLAND, 28 July - 1 Aug. 2008.
  • Toshihiro Takagi, Takaaki Komura, Shuichi Miyazaki and Yasuo Okabe, Privacy Oriented Attribute Exchange in Shibboleth Using Magic Protocols, SAINT2008 Workshop on Middleware Architecture in the Internet, pp. 293-296, Turku, FINLAND, 28 July - 1 Aug. 2008.

口頭発表など

学会誌・商業誌等解説

  • Iwama, K. and Miyazaki, S., Stable Marriage with Ties and Incomplete Lists, Encyclopedia of Algorithms, Springer, pp. 883-885, June 2008.

その他

  • 岡田仁志編著, ヒカリ&つばさの情報セキュリティ3択教室 (岡部:第10話担当), 国立情報学研究所 ISBN978-4-86049-048-5, 2009年3月.

2007年度

論文誌論文

  • Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H., Improved Approximation Results for the Stable Marriage Problem, ACM Transactions on Algorithms, Vol. 3, Issue 3, Article No. 30, August 2007.

国際会議等発表(査読付)

口頭発表など

  • 谷本茂明・島岡政基・片岡俊幸・中村素典・曽根原登・岡部寿男,UPKI共通仕様(アウトソースモデル)の提案,電子情報通信学会2008年総合大会 BS-8-2, 2008年3月.
  • 島岡政基・谷本茂明・片岡俊幸・中村素典・曽根原登・岡部寿男,UPKIプロジェクトにおけるオープンドメインサーバ証明書発行・導入,電子情報通信学会2008年総合大会 BS-8-2, 2008年3月.
  • Yanagisawa, H., Miyazaki, S., and Iwama, K. Approximation Algorithms for the Sex-Equal Stable Marriage Problem, 信学技報,Vol.107, No.537, COMP2007-55, (電子情報通信学会コンピュテーション研究会), pp. 1--8, 2008年3月. (日本IBM 東京基礎研究所,神奈川県大和市)
  • 高木俊宏・古村隆明・宮崎修一・岡部寿男,マジックプロトコル利用によるプライバシーに配慮したShibboleth属性交換の拡張,第48回分散システム/インターネット運用技術・第26回高品質インターネット合同研究発表会,2008年3月
  • Yasuo Okabe,Wireless Network Security for Future Internet, AsiaFI School on Mobile & Wireless Networks, Feb. 2008.
  • Iwama, K. and Miyazaki, S. A Survey of the Stable Marriage Problem and Its Variants, Proc. International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society (ICKS'08), pp. 131-136, Jan. 2008. (京都大学,京都市)
  • 前田朋孝・小塚真啓・丸山 伸・古村隆明・岡部寿男,PR-SCTPをもちいたリアルタイム映像伝送における経路切り替え,信学技報, vol. 107, no. 449, IA2007-49, pp. 51-55,2008年1月
  • Toshihiro TAKAGI, Takaaki KOMURA, Shuichi MIYAZAKI, Yasuo OKABE, Privacy Oriented Attribute Exchange in Shibboleth Using Magic Protocols, 25th APAN Meeting in Hawaii, Jan. 2008.
  • 丸山 伸, 小塚 真啓, 中村 素典, 岡部 寿男,SCTP のIPアドレス自動更新機能におけるアドレス取捨選択機構,情報処理学会 第12回分散システム/インターネット運用技術シンポジウム ―柔らかなサービスを支える技術―, 2007年12月.
  • 岡部寿男,大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)の現状と今後,CAUA第6回合同研究分科会(基調講演),2007年11月.
  • 岡部寿男,情報技術がもたらす社会変革,京都女子大学現代社会学部公開講座・情報技術と現代社会―技術の現在、社会のゆくえ―,2007年11月.
  • 高木俊宏, 財産比べプロトコルを利用したShibbolethの認可決定モデルの提案, ITRC22学生セッション,2007年11月
  • 前田朋孝, SCTPを用いたリアルタイム型ストリーミングシステムの構築,ITRC22学生セッション,2007年11月
  • 岡田満雄, Information Sharing Web Service,ITRC22学生セッション,2007年11月
  • 岡部寿男,IPv6によるユビキタスネットワークの実現,V6プレミアムフォーラム第2回パートナーシップ会議,2007年10月.
  • 岡本和也,宮崎修一,岩間一雄, 3人部屋安定ルームメイト問題のNP完全性, 信学技報,Vol.107, No.258, COMP2007-41 (電子情報通信学会コンピュテーション研究会) pp.1-6, 2007年10月. (東北大学,仙台市)
  • Jungsuk Song, Hiroki Takakura, Yasuo Okabe, Data Mining and Visualization of IDS Alerts to Extract Malicious Activities, 9th Core University Program Seminar on Next Generation Internet Technologies, Oct. 2007.
  • 岡部寿男,地域ネットワークとしての公衆無線LANへの期待,マルチメディア推進フォーラム・平成19年第26回「あらたな『公衆無線LAN』の時代が到来」,2007年9月.
  • 森本尚之, 宮崎修一, 岡部寿男, サイクル上でのグラフ探索問題に対する最適なオンラインアルゴリズム, 信学技報,Vol.107, No. 219, COMP2007-39: (電子情報通信学会コンピュテーション研究会) pp.51-57, 2007年9月. (豊橋技術科学大学)
  • 清成悠貴,宮野英次,宮崎修一, 試問予定表作成問題の制約付きモデルに対するNP困難性, 平成19年度 第60回電気関係学会九州支部連合大会, 09-1A-04, p.87, 2007年9月.(琉球大学)
  • Yasuo OKABE, Introduction to UPKI Project in Japan, TERENA 9th TF-EMC2 Meeting Prague, Sept. 2007.
  • Yasuo OKABE, MIAKO.net Public Wireless Internet Service in Kyoto, 24th APAN Meeting in Xi'an, Aug. 2007.
  • Yasuo OKABE, Japanese University PKI (UPKI) Update, 24th APAN Meeting in Xi'an, Aug. 2007.
  • 森本尚之, 宮崎修一, 岡部寿男, サイクルグラフ上での地図作成問題に対する最適なオンラインアルゴリズム, 2007年度夏のLAシンポジウム, [9], July 2007.
  • 小林浩二,宮崎修一,岡部寿男, A Tight Upper Bound on Online Buffer Management for Two-port Shared-Memory Switches, 信学技報,Vol.107, No.127, COMP2007-26: (電子情報通信学会コンピュテーション研究会) pp.63-70, 2007年6月. (北海道大学,札幌市)
  • 丸山伸・小塚真啓・岡部寿男, SCTPにおけるアドレス選択ポリシーを定義できるIPアドレス自動更新機能の設計, 信学技報, vol. 107, no. 74, IA2007-1, pp. 1-3, 2007年5月.
  • Jungsuk Song, Hiroki Takakura, Yasuo Okabe, A Proposal of New Benchmark Data to Evaluate Mining Algorithms for Intrusion Detection, 23th APAN Meeting in Manila, Jan. 2007.

学会誌・商業誌等解説

  • 岡部寿男, 大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)の現状と今後, View Point, 第8号, pp.67-72, Mar. 2008.
  • 宮崎修一, 離散数学のすすめ 第6回 「安定結婚問題」, 理系への数学(現代数学社), pp. 49-54, 2007年9月号.

国際標準化提案

2006年度

論文誌論文

  • Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K., A (2-c log N/N)-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E89-D No.8, pp.2380-2387, August 2006.
  • 村井均, 岡部寿男, NAS Parallel BenchmarksによるHPFの評価, 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム Vol.47, No.SIG7(ACS14), pp.137-151 (2006).
  • 丸山伸, 中村素典, 岡部寿男, 山井成良, 岡山聖彦, 宮下卓也, 動的に応答を変えるDNSを利用した電子メール受信の優先制御, 情報処理学会論文誌 Vol.47, No.4, pp.1021-1030 (2006).

国際会議等発表(査読付)

  • Asahiro, Y., Miyano, E., Miyazaki, S. and Yoshimuta, T., Weighted Nearest Neighbor Algorithms for the Graph Exploration Problem on Cycles, Proc. 33rd Conference on Current Trends in Theory and Practice of Informatics (SOFSEM 2007), (Lecture Notes in Computer Science 4362), pp. 164-175, Jan., 2007. (Harrachov, Czech Republic)
  • Iwama, K., Miyazaki, S. and Yamauchi, N., A 1.875-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem, Proc. 18th ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2007), pp. 288-297, Jan., 2007. (New Orleans, USA)
  • Yutaka Nakano, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe, Analysis for Topological Properties of the Network Feeding Usenet News, SAINT2007, Jan. 2007.
  • Shoichiro Fujiwara, Takaaki Komura, Yasuo Okabe, A Privacy Oriented Extension of Attribute Exchange in Shibboleth, SAINT2007 Workshop on Middleware Architecture in the Internet, Jan. 2007.
  • 山井成良・漣一平・岡山聖彦・河野圭太・中村素典・丸山伸・宮下卓也, SMTPセッションの強制切断によるspamメール対策手法, FIT 2006 第5回情報科学技術フォーラム(船井ベストペーパー賞), 2006年9月.
  • Kiyonari, Y., Miyano, E. and Miyazaki, S., Computational Complexity Issues in University Interview Timetabling, Proc. of The 6th International Conference on the Practice and Theory of Automated Timetabling (PATAT 2006), pp. 448-453, August 2006. (Brno, Czech Republic)
  • Kato, S., Miyazaki, S., Nishimura, Y. and Okabe, Y., Cheat-proof Serverless Network Games, 5th International Conference on Computers and Games (CG 2006), (Lecture Notes in Computer Science 4630), pp. 234-243, May 2006. (Turin, Italy)

口頭発表など

  • 岡部寿男, 認証運用領域, 電子情報通信学会2007年総合大会 TK-2 大学等における情報セキュリティ対策のための制度・体制 〜政府機関統一基準を反映したサンプル規程集の報告〜, 2007年3月.
  • 山内直哉,宮崎修一,岩間一雄, 安定結婚問題に対する1.8-近似アルゴリズム, 電子情報通信学会 総合大会 DS-1-3, 2007年3月.
  • 岡部寿男, 大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)構築事業の概要, 大学における情報セキュリティ及び電子認証基盤に関するワークショップ, 2007年2月.
  • 岡部寿男, 「国立大学法人向け情報セキュリティポリシー」の策定〜認証運用領域, 大学における情報セキュリティ及び電子認証基盤に関するワークショップ, 2007年2月.
  • 岡部寿男, 大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)とUPKIイニシアティブについて, 平成18年度高性能コンピューティング利用技術に関する総合シンポジウム「仮想実験と大規模シミュレーションで拓く先端科学2007」(ポスター), 2007年2月.
  • Kenji Ohira, Ying Huang, Takaaki Komura, Yasuo Okabe, Loosely Trusted Yet Secure Roaming Architecture for Public Wireless Internet Service, Proc. 2nd International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure 2007, Jan. 2007.
  • Shoichirou FUJIWARA, Takaaki KOMURA, Yasuo OKABE, A Privacy Oriented Attribute Exchange in Shibboleth, 23rd APAN Meeting in Manila, Jan. 2007.
  • 渡部郁恵・岡部寿男・中村素典, 複数経路を活用したTCP-Friendlyなストリーミングシステムの設計と実装 信学技報, vol. 106, no. 465, IA2006-37, pp. 37-42, 2007年1月.
  • 大庭隼人・宋 中錫・高倉弘喜・岡部寿男, 機械学習によるネットワークIDSログデータの解析および可視化 信学技報, vol. 106, no. 465, IA2006-36, pp. 31-36, 2007年1月.
  • 古村隆明, 京都での草の根無線インターネット普及活動, InternetWeek 2006 地域ネットワークBoF, 2006年12月.
  • Shoichiro Fujiwara, Takaaki Komura, Yasuo Okabe, Privacy Enhanced Attribute Exchange for Shibboleth/SAML based Authorization in Web Services, The 7th AEARU Workshop on Web Technology and Computer Science (WebTeCS ‘06), Dec. 2006.
  • 山内直哉,宮崎修一,岩間一雄, 安定結婚問題に対する1.875-近似アルゴリズム, 信学技報, vol. 106, no. 405, COMP2006-48, pp. 49-56, 2006年12月.
  • 朝廣雄一,宮野英次,宮崎修一,吉牟田拓朗, サイクルグラフ上での地図作成問題に対する重み付き最近傍アルゴリズム, 信学技報, vol. 106, no. 405, COMP2006-43, pp. 15-22, 2006年12月.
  • 丸山 伸, 小塚 真啓, 小野 祐介, 本多 倫夫, SCTPを用いたシングルインタフェイスでのハンドオーバー実験 (Work In Progress デモセッション), Internet Conference 2006, 2006年10月.
  • 藤原翔一朗,古村隆明,岡部寿男, プライバシー保護に配慮したShibbolethにおける属性交換の拡張信学技報,vol. 106, no. 309, IA2006-20, pp. 1-6, 2006年10月.
  • Yasuo Okabe, Introduction of UPKI Project in Japan, 2nd APGrid PMA Meeting (電子情報通信学会コンピュテーション研究会) pp.51-57, 2007年9月. (豊橋技術科学大学)
  • 清成悠貴,宮野英次,宮崎修一, 試問予定表作成問題の制約付きモデルに対するNP困難性, 平成19年度 第60回電気関係学会九州支部連合大会, 09-1A-04, p.87, 2007年9月.(琉球大学)
  • Yasuo OKABE, Introduction to UPKI Project in Japan, TERENA 9th TF-EMC2 Meeting Prague, Sept. 2007.
  • Yasuo OKABE, MIAKO.net Public Wireless Internet Service in Kyoto, 24th APAN Meeting in Xi'an, Aug. 2007.
  • Yasuo OKABE, Japanese University PKI (UPKI) Update, 24th APAN Meeting in Xi'an, Aug. 2007.
  • 森本尚之, 宮崎修一, 岡部寿男, サイクルグラフ上での地図作成問題に対する最適なオンラインアルゴリズム, 2007年度夏のLAシンポジウム, [9], July 2007.
  • 小林浩二,宮崎修一,岡部寿男, A Tight Upper Bound on Online Buffer Management for Two-port Shared-Memory Switches, 信学技報,Vol.107, No.127, COMP2007-26: (invited talk), Oct. 2006.
  • 大庭隼人, キャンパスネットワークにおけるIDSログデータの解析と可視化, ITRC20学生セッション, 2006年10月.
  • 渡部郁恵, 複数経路を活用したTCP-Friendlyなストリーミングシステムの提案, ITRC20学生セッション, 2006年10月.
  • 小塚真啓, SCTPと私, ITRC20 学生セッション, 2006年10月.
  • 古村隆明,藤川賢治,岡部寿男,みあこネット実証実験の総括とこれから,地域ネットワーク連携シンポジウム 2006 in 帯広, 2006年9月.
  • 吉牟田拓朗,宮野英次,宮崎修一, オンラインTSPアルゴリズムに対する下限について, 平成18年度 第59回電気関係学会九州支部連合大会, 10-2A-07, Sep. 2006.
  • Hiroki Takakura, Privacy Issues on Network Monitoring and Its Information Sharing, 7th Core University Program Seminar on Next Generation Internet Technologies, Aug. 2006.
  • Yasuo Okabe, WLAN Roaming Architecture for True Ubiquitous Networking, 7th Core University Program Seminar on Next Generation Internet Technologies, Aug. 2006.
  • 丸山伸・小塚真啓・中村素典・岡部寿男, アドレス情報の変更通知を集約して再送できるようにする mSCTP拡張, 信学技報, 2006年7月
  • 清成悠貴,宮野英次,宮崎修一, 試問予定表作成問題の計算複雑さ, 信学技報, vol. 106, no. 128, COMP2006-18, pp. 7-14, 2006年6月.
  • 大平健司・宋 中錫・高倉弘喜・岡部寿男, 未知の攻撃コードを安全に収集するための定点観測装置の構築手法, 信学技報, vol. 106, no. 62, IA2006-1, pp. 1-6, 2006年5月.
  • 島岡政基・谷本茂明・片岡俊幸・峯尾真一・曽根原登・寺西裕一・飯田勝吉・岡部寿男, 大学間連携のための全国共同電子認証基盤UPKIにおける認証連携方式の検討, 信学技報, vol. 106, no. 62, IA2006-3, pp. 13-18, 2006年5月.

学会誌・商業誌等解説

  • Yasuo Okabe, Koji Okamura, Kenji Fujikawa, Tomohiro Otani, Internet Architecture (IA) Technical Committee, IEICE Communications Society Global Newsletter, Vol.19, pp.2-3, Mar. 2007.
  • 岡部寿男, インターネットのルーチングアルゴリズムとふくそう制御アルゴリズム, 電子情報通信学会誌 Vol.89, No.4, pp.294-298 (2006)
  • 宮崎修一, ルータ上のバッファ管理問題に対するオンラインアルゴリズム, 電子情報通信学会誌 Vol.89, No.4, pp.299-303 (2006)

国際標準化提案

2005年度

論文誌論文

  • 丸山伸, 最田健一, 小塚真啓, 石橋由子, 池田心, 森幹彦, 喜多一, Virtual Machineを活用した大規模教育用計算機システムの構築技術と考察, 情報処理学会論文誌,Vol.46, No.4 pp. 949-964(2005)

国際会議等発表(査読付)

  • Shin Maruyama, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Takuya Miyashita, Priority Control in Receiving E-mails by Giving a Separate Response to Each DNS Query, SAINT2006, pp.90-93, Jan. 2006.
  • Iwama, K., Miyazaki, S. and Yamauchi, N., A (2-c 1 / ?sqrt{N})-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem, Proc. 16th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2005) (Lecture Notes in Computer Science 3827), pp. 902-914, Dec., 2005. (Sanya, Hainan, China)
  • K. Ohira, Y. Huang, Y. Okabe, K. Fujikawa, M. Nakamura, Security Analysis on Public Wireless Internet Service Models, WMASH2005, pp. 107-110, Sept. 2005(ポスター)
  • H. Murai, Y. Okabe, Pipeline Parallelization in HPF programs on the Earth Simulator, HPF international Workshop: Experiences and Progress 2006 (HiWEP2005), Lecture Notes in Computer Science, Vol. 4759, pp.365-373, Sept. 2005
  • K. Ohira, Y. Koyama, K. Fujikawa, Y. Okabe, Automatic Address Assignment for IPv6 End-to-End Multihoming Sites, ICITA2005, Vol II, pp. 755-758, July 2005(ポスター)

口頭発表

  • Yasuo Okabe, UPKI ― Japanese National Academic Authentication and Authorization Platform for Cyber Science Infrastructure, NII International Workshop on Cyber Science Infrastructure, Mar. 2006.
  • 中野豊, 岡部寿男, 中村素典, ネットニュースサーバ群のトポロジーにおける諸性質の分析, 情報処理学会第2回ネットワーク生態学シンポジウム, Mar. 2006(ポスター)
  • 岩下英俊, 岡部寿男, 杉崎由典, 青木正樹, LINPACKとFFTによるHPFコンパイラfhpfの生産性の評価, 情処研報, Vol.2006, No.20, HPC-105, pp.67-72, Feb. 2006.
  • 岡部寿男, 大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)構築について, 平成17年度ITBL技術普及・利用に関する総合シンポジウム「仮想実験と大規模シミュレーションで拓く先端科学2006」, Feb.2006.
  • 岡部寿男, 大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)構築事業, 大学電子認証基盤シンポジウム−最先端学術情報基盤(CSI)の実現に向けた全国大学共同電子認証基盤(UPKI)の構築−,2006年2月.
  • 小林浩二, 宮崎修一, 岡部寿男, マルチキュースイッチにおけるオンラインバッファ管理アルゴリズムの競合比の改良, 2005年度冬のLAシンポジウム, [14], Jan. 2006.
  • 丸山伸, 小塚真啓, 中村素典, 岡部寿男, 複数アドレス対応のためのSocket API 拡張, 信学技報, vol. 105, no. 530, IA2005-27, pp. 49-54, 2006年1月.
  • 鈴木和也, 馬場俊輔, 高倉弘喜, 未利用アドレスブロックに到達するトラフィックの解析, 信学技報, vol. 105, no. 530, IA2005-23, pp. 25-30, 2006年1月.
  • Yasuo Okabe, Cyberinfrastructure for e-Science, 21st APAN Meeting in Tokyo, Jan. 2006.
  • Yasuo Okabe, UPKI ― Japanese National Academic Authentication and Authorization Platform for Interuniversity Collaboration and Federation, 3rd AEARU Workshop on Network Education (Keynote Speech), Dec. 2005.
  • S. Miyazaki and Y. Okabe, Cheat-proof Serverless Network Games, Proc. 4th International Symposium on Computing and Media Studies, pp. 94-101, Jan. 2006.
  • 宮崎修一,久保浩史,高見好男,四方敏明,櫻井恒正,山元伸幸,河野典,江原康生,高倉弘喜,沢田篤史,中村素典,岡部寿男,北野正雄, KUINS接続機器登録データベースの概要, 全国共同利用情報基盤センター 研究開発論文集,No.27 pp.47-51, Oct. 2005.
  • 中野豊, 中村素典, 岡部寿男, ネットニュースサーバ群のトポロジーが持つスケールフリー性などの統計的性質, 信学技報, vol. 105, no. 377, IA2005-14, pp. 13-18, 2005年10月.
  • 丸山 伸, 小塚 真啓, 複数アドレスに対応するための Socket API 拡張, ITRC18, Oct. 2005.
  • Yasuo Okabe, UPKI ― Interuniversity Authentication and Authorization Platform for Japanese Cyber-Science Infrastructure,20th APAN Meeting:Advanced Network Conference in Taipei, Aug. 2005.
  • 山内直哉,宮崎修一,岩間一雄,安定結婚問題に対する局所探索近似アルゴリズムの改良, 信学技報,Vol.105, No.72, COMP2005-15, pp.45-51, May, 2005.
  • 小林浩二・宮崎修一・岡部寿男, 共有メモリ型スイッチにおけるオンラインバッファ管理アルゴリズムの競合比の改良, 信学技報, Vol.105, No.144, COMP2005-21, pp.17-22, June 2005.
  • J. Song, H. Takakura, Y. Okabe, Y. Kwon, A Study on Accuracy Improvement of Intrusion Detection System Based on Data Mining, In Proceedings of KISS (Korea Information Science Society) Korea Computer Congress 2005 , Vol.32, No.1, pp.208-210, July 6-8, 2005.
  • 漣一平, 山井成良, 岡山聖彦, 宮下卓也, 丸山伸, 中村素典, 宛先不明メールを利用した分散協調型spamフィルタの認識率向上, 情報処理学会DSM研究会, 2005年5月

学会誌・商業誌等解説

  • 岡部寿男, 守りから攻めへ:セキュリティとプライバシーのパラダイムシフト, 巻頭言, R&D News Kansai, No.429,Nov.2005.

2004年度

論文誌論文

  • H. Ito, K. Iwama, Y. Okabe, T. Yoshihiro, Single backup table schemes for shortest-path routing, Theoretical Computer Science, 333, pp. 347-353, 2005
  • A. Ishtiaq, Y. Okabe, M. Kanazawa, Management of parallel UBR flows over TCP in congested ATM networks, Computer Communications, 27, 801-808, 2004.
  • Halldorsson, M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H., Randomized approximation of the stable marriage problem, Theoretical Computer Science, Vol. 325, No. 3, pp. 439-465, Oct. 2004.

国際会議等発表(査読付)

  • Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Takuya Miyashita, Shin Maruyama, Motonori Nakamura, Protection Method against Massive Error Mails Caused by Sender Spoofed Spam Mails, SAINT2005, Jan. 2005.
  • A. Ishtiaq, Y. Okabe, M. Kanazawa, Issues of Multihoming Implementation using SCTP, IASTED International Conference on Communication Systems and Applications (CSA2004), 422-162, July 2004.
  • Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K., A (2-c log N/N)-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem, Proceedings of the 9th Scandinavian Workshop on Algorithm Theory (SWAT 2004), (LNCS 3111), pp. 349-361, July 2004. (Humlebaek, Denmark)
  • 村井均,岡部寿男,地球シミュレータ上のHPFによるNAS Parallel Benchmarksの実装と評価, SACSIS2004―先進的計算基盤システムシンポジウム, May 2004.

口頭発表

  • 加藤真里, 小西良尚, 青山三枝子, 青木恵美子, 藤末邦政, 今村元一, 岡部寿男, 京都すばる高校IT人材育成プロジェクトについて, 京都大学学術情報メディアセンター研究開発部シンポジウム, Mar. 2005.
  • 渡部郁恵, 中村素典, 岡部寿男, 美濃導彦, 複数経路を活用したバーストパケットロスに強いストリーミングシステム, 電子情報通信学会2005年総合大会ポスターセッション, Mar. 2005.
  • 古村隆明, 北原亮, 藤川賢治, 上原哲太郎, 岡部寿男, みあこネットでの実時間動画像マルチキャスト実験 電子情報通信学会技術報告, NS2004-199, pp.101-106, Feb. 2005.
  • Y. Huang, K. Ohira, K. Fujikawa, Y. Okabe, Secure Models of Autonomous Distributed Public Wireless Internet Access, DPS, 情報処理学会研究報告 2005-DPS-122&2005-CSEC-28 pp. 187-192, Mar 2005.
  • 高木治夫,岡部寿男,藤川賢治,古村隆明,北岡有喜,『みあこネット方式』で実現―安心・安全を生む共有財としての無線LAN, 地域ネットワーク連携ワークショップin京都2004, Jul 2004.
  • 大平健司,小山洋一,藤川賢治,岡部寿男, IPv6エンドツーエンドマルチホーミングのためのアドレス割当と送信元アドレスを考慮した経路制御, 信学技報, vol. 104, no. 173, IA2004-11, pp. 25-30,2004年7月.
  • 中村素典,八木啓介,岡部寿男, IIDC 1394 Digital Camera over IP による遠隔講義用高品位映像伝送システムの実装とプロトコル, ITRC15, May 2004.
  • 藤川賢治,松本存史,小塚真啓,岡部寿男, TCP マルチホームオプションの実装と SOCKS サーバへの応用, ITRC15, May 2004.
  • 大平健司,小塚真啓,小山洋一,藤川賢治,岡部寿男,Hop-by-Hop Address Assignment and Source Address Based Routing for IPv6 End-to-End Multihoming, ITRC15, May 2004.
  • 黄穎,中村素典,岡部 寿男,公開鍵暗号による電子署名を用いた公衆無線インターネットアクセス方式の提案,ITRC15,May 2004.
  • 岡本和也,宮崎修一,岩間一雄,局所探索法による安定結婚問題の近似,信学技報,Vol.104, No.16, COMP2004-8,pp.53-60, April, 2004.
  • 山井成良・繁田展史・岡山聖彦・宮下卓也・丸山 伸・中村素典, 発信者詐称spam メールに起因するエラーメール集中への対策手法, 情報処理学会 FIT2004 第3回情報科学技術フォーラム, 2004年9月

学会誌・商業誌等解説

  • 古村隆明,大平健司,藤川賢治,岡部 寿男, 無線LANによる公衆無線インターネットサービス みあこネット 情報処理学会誌, Vol.45 No.8, 831-835, Aug 2004.
  • 岡部寿男,妹尾義樹,岩下英俊, 次世代コンピュータに向けた技術展望と将来への期待, プラズマ・核融合学会誌, 第80巻第5号, 382-389, May 2004.
  • 宮崎修一, 安定結婚問題, 電子情報通信学会会誌, Vol.88, No.3, pp. 195-199, March 2005.

2003年度

論文誌論文

  • 高倉弘喜,江原康生,宮崎修一,沢田篤史,中村素典,岡部寿男,安全なギガビットネットワークシステム KUINS-III の構成とセキュリティ対策, 電子情報通信学会論文誌 Vol.J86-B No.8 ,pp. 1494-1501, Aug. 2003.
  • 沢田 篤史, 高倉 弘喜, 岡部 寿男, 開放型大規模ネットワークのためのIDSログ監視支援システム, 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.8, pp.1861-1871, Aug. 2003.
  • Halldorsson, M., Irving, R., Iwama, K., Manlove, D., Miyazaki, S., Morita, Y. and Scott, S. Approximability Results for Stable Marriage Problems with Ties, Theoretical Computer Science, Vol. 306, pp. 431-447, Sept. 2003.
  • Hiro Ito, Kazuo Iwama, Yasuo Okabe, Takuya Yoshihiro, Avoiding Routing Loops in the Internet, Theory of Computing Systems, 36, 597-609, 2003.

国際会議等発表(査読付)

  • Hiro Ito, Kazuo Iwama, Yasuo Okabe, Takuya Yoshihiro, Polynomial-Time Computable Backup Tables for Shortest-Path Routing, The 10th International Colloquium on Structural Information and Communication Complexity (SIROCCO 2003), pp.163-177, June 2003.
  • Halldorsson, M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H. Randomized Approximation of the Stable Marriage Problem, Proceedings of the ninth Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2003), (LNCS 2697), pp. 339-350, July 2003. (Big Sky, USA)
  • Komura, T., Fujikawa, K., and Okabe, Y., The MIAKO.NET Public Wireless Internet Service in Kyoto, Proc. of the First ACM International Workshop on Wireless Mobile Applications and WLAN Hotspots (WMASH2003), September 2003.
  • Halldorsson, M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H., Improved Approximation of the Stable Marriage Problem, Proceedings of the 11th Annual European Symposium on Algorithms (ESA 2003), (LNCS 2832), pp. 266-277, Sep. 2003. (Budapest, Hungary)
  • Komura, T., Kosuga, M., Fujikawa, K., and Okabe, Y., Design and Implementation of the MIAKO.phone Peer-to-peer Mobile IP Phone System, 5th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT2003), November 2003.

口頭発表

  • 緒方 勝也, 大平 健司, 古村 隆明, みあこネットのネットワーク構成とIPv6対応, 第13回 ITRC総会・研究会, May 2003.
  • 大平 健司, 緒方 勝也, 松本 存史, 藤川 賢治, 岡部 寿男, End-to-EndマルチホームのためのIPv6アドレシングアーキテクチャ, 第13回 ITRC総会・研究会, May 2003.
  • 松本 存史, 藤川 賢治, 岡部 寿男, End-to-Endマルチホーム対応TCPの設計と開発, ITRC2003 ,21 May, 2003.
  • 大平健司, 緒方勝也, 松本存史, 藤川賢治, 岡部寿男, End-to-End マルチホームのためのIPv6アドレシングアーキテクチャ, 情報処理学会 マルチメディア・分散・協調とモーバイル(DICOMO2003)シンポジウム, Jun 2003.
  • 黄穎,多鹿陽介,中村素典,美濃導彦, ホームネットワークにおけるアプライアンスの相対位置と利用履歴を活用したサービスの提示方式, 情報処理学会 マルチメディア・分散・協調とモーバイル(DICOMO2003)シンポジウム, Jun 2003.
  • 緒方勝也, 大平健司, 藤川賢治, 岡部寿男, IPv6 end-to-end multihomingによるRSVPのモバイル対応, 情報処理学会研究報告 03-QAI, October 2003.
  • 藤川賢治, 古村隆明, 岡部寿男, 京都無線インターネットプロジェクト みあこネット, 平成15年電気関係学会関西支部連合大会 S8-3 Nobember 2003.
  • K. Ohira, K. Ogata, A. Matsumoto, K. Fujikawa, Y. Okabe, IPv6 Address Assignment and Route Selection for End-to-End Multihoming, 第14回 ITRC総会・研究会, November 2003.
  • 加藤俊策,宮崎修一,岡部寿男,不正を検出できるネットワーク軍人将棋, 信学技報, Vol.103, No.499, ISEC2003-84,pp.1-6, Dec., 2003.
  • A. Matsumoto, M. Kozuka, K. Fujikawa, Y. Okabe, TCP Multi-Home Options, WIT2003, 5 Nov, 2003.
  • 川西智也, 中村素典, 岡部寿男, 美濃 導彦, FECとPath-Diversityを利用した回復可能なストリーミング, 情報処理学会研究報告 2003-DPS 116-014, Jan. 2004.
  • 古村隆明, 大平健司, 藤川賢治, 岡部寿男, 公衆無線インターネットプロジェクト「みあこネット」の運用技術, 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2004 (DSM2004), February 2004.
  • FUJIKAWA Kenji, KOMURA Takaaki, OKABE Yasuo, The MIAKO.NET Public Wireless Internet Service in Kyoto, Proceedings of International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure 2004, March 2004.
  • 岡本和也,宮崎修一,岩間一雄,安定結婚問題に対する局所探索近似アルゴリズム,電子情報通信学会 総合大会2004 D-1-2, March 2004.
  • 岡部寿男, インターネットの基礎 ―アルゴリズムの立場から―, 電子情報通信学会 総合大会2004 TD-1-1, March 2004.
  • 丸山伸, 中村 素典, 岡部寿男, 山井成良, 動的に応答が変化するネームサーバー技術のメール配送エージェントへの応用, 情報処理学会研究報告 03-DSM, 032-014, March 2004.
  • 漣 一平・山井成良・岡山聖彦・宮下卓也・丸山 伸・中村素典, 遅延評価による分散協調型spam フィルタの検出率向上, 平成15年度CSEC研究発表会 第24回, 2004年3月
  • 丸山 伸・最田健一・小塚真啓・石橋由子・池田心・森幹彦・喜多一, Virtual Machine を活用した分散処理システム構築・運用技術/インターネット運用技術シンポジウム2004, 2004年1月

国際標準化提案

  • Arifumi Matsumoto, Kenji Fujikawa, Yasuo, Okabe, Basic Socket API Extension for LIN6 End-to-End Multi-home, IETF Internet-Draft, 23 June 2003.
  • Arifumi Matsumoto, Masahiro, Kozuka, Kenji Fujikawa, Yasuo Okabe, TCP Multi-Home Options, IETF Internet-Draft, 7 Oct 2003.
  • Arifumi Matsumoto, Masahiro, Kozuka, Kenji Fujikawa, Yasuo Okabe, TLC-FM, IETF Internet-Draft, 7 Oct 2003.
  • K. Ohira, K. Ogata, A. Matsumoto, K. Fujikawa, Y. Okabe, IPv6 Address Assingment and Route Selection for End-to-End Multihoming, IETF Internet-Draft, November 2003.

学会誌・商業誌等解説

  • 岡部寿男, 京都におけるITを活用した大学の地域教育貢献, View Point, 第4号, 10-15, Mar. 2004.
Last-modified: 2017-12-01 (Fri) 23:30:39 (12d)