Top / 受賞

#contents

---
*2017年度 [#n06e1c10]
電子情報通信学会 通信ソサエティ活動功労賞, 岡部寿男, 2017年9月
*2016年度 [#ef2ab971]
[[「情報通信月間」近畿総合通信局長表彰:http://www.soumu.go.jp/main_content/000420844.pdf]],
岡部寿男,
2016年6月.
*2015年度 [#j70422aa]
情報処理学会DICOMO2015優秀論文賞,
佐藤周行・岡部寿男・中村素典,
''[[認証連携における仮名性を担保したユーザ同一性の確認:http://hdl.handle.net/2433/198739]]'',
2015年8月.
電子情報通信学会 [[通信ソサエティ活動功労賞:https://www.ieice.org/cs/jpn/aboutcs/award.html#kourou2015]], 岡部寿男, 2015年9月
*2014年度 [#j582c654]
[[情報処理学会 第77回全国大会 学生奨励賞:https://www.ipsj.or.jp/award/taikaigakusei.html]],
田島照久,
''Webブラウジング高速化のためのTCPヘッダに基づく802.11無線通信最適化'',
情報処理学会第77回全国大会, 3X-06, 2015年3月.
[[第7回「フクオカRuby大賞」IIJ GIO賞:http://www.digitalfukuoka.jp/topics/68?locale=ja]],
松本亮介,
''Trusterd: 高性能かつmrubyで設定をプログラマブルに記述可能な次世代HTTP/2 Webサーバ'',
2015年3月.
[[Ruby Prize 2014 最終ノミネート:http://www.ruby.or.jp/ja/news/20141010.html]], 松本亮介, ''HTTPサーバソフトウェアにおけるmruby活用を具現化した功績を評価'', 2014年10月.

[[2014年度 情報処理学会 山下記念研究賞:http://www.ipsj.or.jp/award/yamasita2014-detail.html#ubi]], 松本亮介, ''mod_mruby: スクリプト言語で高速かつ省メモリに拡張可能なWebサーバの機能拡張支援機構'', 2014年10月.

*2013年度 [#g35fad3a]
[[IEEE Computer Society Golden Core Member:http://www.computer.org/web/awards/golden-core]], Yasuo Okabe, Mar. 2014.

[[第9回 日本OSS 奨励賞:http://www.ossforum.jp/ossaward9th2]], 松本亮介, ''博士課程在学中から研究成果をOSSとして公開するなどOSSの開発普及に貢献'', 2014年2月.

[[第6回フクオカRuby大賞 優秀賞:http://www.digitalfukuoka.jp/topics/28?locale=ja]], 松本亮介, '' mod_mruby × ngx_mruby: 組込みスクリプト言語mrubyで高速かつ省メモリに拡張可能なWebサーバの機機能拡張支援機構'', [[第6回フクオカRuby 大賞:http://www.digitalfukuoka.jp/events/21?locale=ja]] 2014年2月.

[[情報処理学会 インターネットと運用技術シンポジウム2013(IOTS2013)優秀論文賞:http://www.iot.ipsj.or.jp/iots/2013/award]], 松本亮介, 岡部寿男, ''mod_mruby: スクリプト言語で高速かつ省メモリに拡張可能なWebサーバの機能拡張支援機構'', [[インターネットと運用技術シンポジウム2013論文集,2013,79-86(2013-12-5):http://id.nii.ac.jp/1001/00096443/]], 2013年12月.

[[2013年度 情報処理学会関西支部 支部大会 学生奨励賞:http://kansai.ipsj.or.jp/hyoshou/2013_hyoshou.html]], 津善晴,
// 小谷大祐, 松本亮介, 宮崎修一, 岡部寿男, 
''電子メールの大量送信を選択的に制限する中継システム'', 2013年9月.

[[Ruby Prize 2013 候補者:http://www.ruby.or.jp/ja/news/20130821.html]], 松本亮介, ''Contribution to mruby core and mrbgen. Ryosuke is currently working on development mod_mruby and ngx_mruby which expansion module for the Apache server. He also conducts research on possibility mruby as the DSL language.'', 2013年8月.

[[2013年度 情報処理学会 山下記念研究賞:http://www.ipsj.or.jp/award/yamasita2013-detail.html#iot]], 清水さや子, ''一般カードを用いた認証システムにおけるハッシュ関数を用いたPINコード生成方式'', 2013年.

[[MCPC Award 2013 モバイルテクノロジー賞:http://www.uqwimax.jp/lp/mcpc/index.html]], WiMAXキャンパスネットワーク開発チーム, ''モバイルWiMAXキャンパスネットワーク接続'', 2013年4月.

*2012年度 [#odf21649]
[[2012年度 情報処理学会 CDS研究会 優秀論文賞:http://www.sig-cds.net/doku.php?id=paper_award:2012]], [[DICOMO 2012 優秀論文賞:http://www.dicomo.org/2012/commendation.html]], 清水さや子, 岡部寿男, 吉田次郎, ''一般カードを使った一時利用者向け認証システムの設計と実装'', 2012年10月.

[[平成24年電子情報通信学会フェロー(通信ソサイエティ):https://www.ieice.org/jpn/fellow/ichiran24.html#b]], 岡部寿男, ''自律分散型公衆無線LANの研究と学術認証連携基盤構築への応用'', 2012年9月.

*2011年度 [#c040580b]
電子情報通信学会 [[通信ソサエティ活動功労賞:https://www.ieice.org/cs/jpn/aboutcs/award.html#kourou2011]], 岡部寿男, 2011年9月
*2010年度 [#rf179e35]
[[2010(H22)年度 インターネットアーキテクチャ研究賞:https://www.ieice.org/cs/ia/jpn/award2010]], 石田保輝, 高倉弘喜, 岡部寿男, ''高精度なネットワーク侵入検知システムの構築'', 2010年.

*2009年度 [#q1391b0d]
電子情報通信学会 [[ISSソサイエティ活動功労賞:http://www.ieice.org/iss/jpn/AboutIEICE-ISS/kourou/heisei_21.html]]、宮崎修一

*2008年度 [#cfad690c]
[[第23回WIDE賞:http://www.wide.ad.jp/project/wideshow/wideshow_23-j.html]],
SCTPチーム, 2009年3月.
[[2008(H20)年度 インターネットアーキテクチャ研究賞:https://www.ieice.org/cs/ia/jpn/award2008]], 前川慶司・岡部寿男, ''Host Identity Protocolを用いたロケーションプライバシを有する匿名移動通信''

*2007年度 [#d2f3ddcf]
[[IBM Shared University Research Award:http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/profile/intro/honor/award_b/other/2007/070808.htm]], 岡部寿男
電子情報通信学会 [[通信ソサエティ功労顕彰状:https://www.ieice.org/cs/jpn/aboutcs/award.html#kensho2007]], 岡部寿男, 2017年9月

*2006年度 [#q7102c83]
電子情報通信学会 [[猪瀬賞:http://www.ieice.org/jpn/about/rekidai/inoseshou.html]]、[[論文賞:http://www.ieice.org/jpn/about/rekidai/ronbunshou.html]]、Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K., A (2-c log N/N)-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E89-D No.8, pp.2380-2387, August 2006.